VRはAVのためにある!?|VRに特化した『アダルトフェスタ』の口コミ・評判をレビュー

アダルトフェスタのメインイメージ

アダルトフェスタについて

アダルトフェスタとは

アダルトフェスタとはアダルトビデオの

  • 単品レンタル
  • 月額見放題チャンネル
  • VRアダルトビデオ

の3つを楽しめるアダルト動画配信サービス。

運営元は日本企業の『フェイスインターナショナル株式会社』。

2017年に動画配信サービスの運営を開始し、わずか数年で日本最大規模のVRサイトへと名乗りを上げた実績があります。

その中でも『VRアダルトビデオ』の品揃えは国内でもトップクラス。

3D-VR映像を超越、オナホ連動などの体感機能を装備した『4D-VR』も配信。

アダルトフェスタは、

『自分がAV男優になったかのような臨場感と没入感を味わえる』

最新のVRアダルトビデオを楽しむことができます。

『視覚』と『聴覚』さらに『触覚』と、3感をフルで楽しめる話題のVRコンテンツです。

アダルトフェスタで利用できる3つの動画ジャンル

アダルトビデオの単品レンタル

アダルトフェスタのイメージ画像2

一般的なアダルトビデオからVRアダルトビデオ、エロアニメやアダルトコミック・デジタル写真集まで、さまざまなジャンルのアダルト作品をネットレンタルすることができます。

PRESTIGE、FALENO、マーキュリー、ファーストスター、SOD、アテナ映像、kmp、ゴーゴーズ、素人onlyプラム、DANDY、ピーターズ、World-PG ANIME、WORLDPG ANIMATION・・・・・などなど。

国内大手AVメーカーの作品を完全網羅。

配信総数は約28,000本、1本のレンタル価格は『50円』からと業界でも最安値。

ダウンロードとストリーミングの好きなほうを選んで鑑賞することができます。

見たいアダルト作品だけを選んで楽しむ、ネット定番の視聴方法です。

月額見放題チャンネル

アダルトフェスタのイメージ画像4

月額2,980円で約8,500本のタイトルを楽しむことができる『ストリーミング見放題』と、月額1,980円で約1,500本のタイトルを鑑賞できる大手アダルトビデオメーカー『プレステージ』の専門チャンネル『PRESTIGE見放題』、2つのチャンネルを提供。

どちらの月額見放題チャンネルも一般的な2Dのアダルト作品とVRアダルトビデオの両方を見放題で楽しむことができます。

単品レンタルよりずっとお得に利用でき、VRと2Dタイトルを一緒に楽しみたい方におススメの月額見放題チャンネルです。

アダルトフェスタで利用できる月額チャンネル

番組名作品配信数利用プラン配信ジャンル
ストリーミング見放題約8,500本月額2,980円2D-AV、VR
PRESTIGE見放題約1,500本月額1,980円2D-AV、VR

VRアダルトビデオ

アダルトフェスタのイメージ画像3

アダルトフェスタを紹介する上で最も人気のあるコンテンツと言えるのが『VR系アダルトビデオ』です。

完全主観の最新VRアダルトビデオを楽しめる。

映像が飛び出て見える『3D映像』に触れて感じるを感覚をプラスした、話題の『4D-VR』を体感することができます。

中でも『匠』シリーズは、4KHD『最大60fps』・一般的なAVの2倍以上にも及ぶ高解像度のVRアダルトビデオ。

映像がとても滑らかに動き、現実世界との区別がつかなくなるほど??の高画質で楽しむことができます。

アダルトフェスタでは、お試しの無料VRアダルトビデオも『100本以上』も無料配信中。

国内最大クラスの提供数を誇るアダルトフェスタの『VRアダルトビデオ』を体感してみてはいかがでしょう。

おススメできる5つのポイント

アダルトフェスタのイメージ画像5

アダルトフェスタで配信しているVRアダルトビデオ『+1D動画』は、専用のオナホールが映像に合わせて自動で振動やピストン運動を行い、局部へ快感を与えてくれるという画期的なシステム。

この快感はヤミツキになること間違いありません。

アダルトフェスタの利用方法

選べる2つの支払い方法

アダルトフェスタの支払い方法イメージ

アダルトフェスタの利用方法は、事前にポイント『L-POINT』を購入してアダルト作品と交換する『ポイント交換方式』と、クレジットカードで利用料金を支払う方法の2つのいづれかを利用することができます。

アダルトフェスタの支払い方法

  • クレジットカード決済 (VISA、Master、JCB、Amex、Dinners)
  • L-POINT (クレジットカードとBitCashでチャージ可能)

『L-POINT』はアダルトフェスタ独自のポイント制度。

6ヶ月間、半年の有効期限があるのでアダルトフェスタを利用する際には注意しましょう。

月額見放題チャンネルの利用体験

ここからは『アダルトフェスタ』の利用方法を画像を元に説明していきます。

今回は『PRESTIGE見放題コース』に入会してみたので、実際の利用手順について紹介します。

1.アダルトフェスタにアクセス

スマホからアクセスしたので『スマホサイト』へのリンクをタップします。

アダルトフェスタの入会手順画像1

2.見放題プランの選択

アダルトフェスタVRのメインページが表示されます。

今回は『PRESTIGE見放題』を利用するので、画面に表示されているバナーをタップします。

アダルトフェスタの入会手順画像2

3.支払い方法の選択

アダルトフェスタにでは『クレジットカード』か『ポイント』のいずれかで支払うことができます。

今回はクレジットカードを利用します。

アダルトフェスタの入会画像3

4.アダルトフェスタにログイン

ここで、アダルトフェスタへログインします。

ログインID、メールアドレス、パスワードを設定し『無料会員登録』を行うか、『GoogleID』でもアダルトフェスタにログインすることも可能。

今回は『GoogleID』でログインします。

アダルトフェスタの入会手順画像3

5.クレジットカード情報の入力

画面に表示されている必要事項を入力し、購入ボタンをタップします。

アダルトフェスタの入会手順画像4

6.アダルトフェスタの入会完了

アダルトフェスタの入会手順画像5

以上で『PRESTIGE見放題コース』への入会完了。

あとは見たいアダルトビデオを選らんで存分に鑑賞しましょう!

アダルトフェスタの解約や退会方法の仕方

アダルトフェスタの月額見放題の解約方法について説明します。

アダルトフェスタメインページ『マイページ』アイコンをタップし、マイページに移動。

『月額見放題の契約情報はコチラから』のリンクをタップします。

アダルトフェスタの解約画像1

現在利用している『月額見放題チャンネル』が表示されているので、解約したいチャンネルの『停止する』をタップします。

アダルトフェスタの解約画像2

アダルトフェスタの解約画像3

『自動更新を停止する』をタップします。

以上で月額見放題チャンネルの解約は完了。

アダルトフェスタは複雑な操作が必要なく、簡単にサービスを解約することができます。

VR専門の月額チャンネルを提供する『FANZA VRch』との比較

アダルトフェスタの比較画像

VRアダルトビデオを本格的に楽しめるサービスとして、成人向けのアダルトコンテンツを提供するFANZA/ファンザの『VRch』があります。

アダルトフェスタと比較される場合が多いので、『FANZA』のVRアダルト専門チャンネル『VRch』と、アダルトフェスタの見放題チャンネル『ストリーミング見放題』のメリット・デメリットをそれぞれ比較してみました。

FANZAとアダルトフェスタの比較

比較項目/サービス名アダルトフェスタ『ストリーミング見放題』FANZA『VRch』
利用プラン月額2,980円月額2,800円
配信ジャンル2Dの一般作とVRVRアダルトビデオのみ
作品配信数約8,000タイトル(このうちVRアダルトビデオは約3,500本)約10,500タイトル
DRMありなし
連動機器対応なしあり
利用料金の支払い方法クレジットカードを含むネット決済のほぼすべてクレジットカードとBitCashのみ
作品に対する『口コミ』や『レビュー』の投稿数ほぼありほとんどなし

利用料金は『アダルトフェスタ』と『FANZAのVRch』はほぼ一緒。

VRアダルトビデオの配信数は、FANZAのVRchの対して『アダルトフェスタ』の配信数は約3割程度とかなり少なめ。

FANZAとアダルトフェスタを比較した際の重要なポイントとして、

  • DRM制限はアダルトフェスタにはないので、一度ダウンロードしたAV作品はサイト解約後でも楽しむことができます。
  • 連動機器対応は『アダルトフェスタ』だけしか利用することができません。

この『2つ』はアダルトフェスタ最大のメリットと言えます。

最後のアダルト作品に対する『口コミ』や『レビュー』の投稿数は、『FANZAのVRch』が圧倒的に多くほぼ全てのAV作品に対してコメントやレビューの投稿があります。

それだけFANZAのVRchの『利用者が多い=にぎわっている』ということが分かり、口コミやレビューの内容はアダルト作品を購入する際の参考にもなります。

正直なところ『アダルトフェスタ』を利用するメリットは『オナホールとの連動機器』と『DRM無制限』以外にないと言えるでしょう。

VRアダルトビデオを楽しみつつ、普通の自慰行為で十分な方は『FANZAのVRch』の利用をおススメします。

アダルトフェスタを利用した感想やネット上の口コミ・評判など

アダルトフェスタのVRイメージ

メリットよりデメリットが多い??

アダルトフェスタはシンプルにアダルトビデオを楽しむことができ、国内最大クラスとも言えるVR系アダルトビデオの配信数は目を見張るものがあります。

ここまでVRアダルトビデオに特化したサービスは『アダルトフェスタ』だけです。

アダルトフェスタでしか視聴できない『プレステージ系列のVRアダルトビデオ』やVRアダルトビデオとの連携機能を楽しめる『オナホ連動機能』など、VR専門サイトならではの豊富なコンテンツを存分に楽しむことができます。

ここからは、アダルトフェスタを実際に利用してみて思った点を3つ紹介します。

強みは連動機能対応『+1D動画』のみ??

アダルトフェスタの唯一メリットは、VRのアダルト映像に連動して楽しめる『オナホール』との完全リンク。

別途オナホールを購入する必要がありますが、今までになかった別次元の快感を楽しむことができます。

しかし、オナホールの実売価格が2万円以上と高額なうえ手軽に購入できるものではなく、衛生面の問題や準備・後片付けに手間がかかる点などのデメリットもあります。

さらなる快感を求めたい方や予算と時間のある方におススメできますが、あまり実用的ではありません。

全体的にコンテンツが乏しい『単品レンタル』と『月額見放題チャンネル』

アダルトビデオの単品レンタル数は『約30,000本』程度と動画配信サービスのなかでは平均以下ぐらい。

見放題チャンネルはたった『2チャンネル』だけ。

料金に対して配信数もそれほど多くなく、利用者側として選択肢がほとんどないと言ってもいいでしょう。

アダルトビデオの2D作品(一般的なアダルトビデオ)を楽しみたい場合、アダルトフェスタを選択肢から外してもなんら問題ありません。

利用者を迷わせる2つのメインページ

アダルトフェスタには2つにメインページがあります。

ひとつめは『アダルトフェスタTV』、ふたつめは『アダルトフェスタVR』。

(※ 初期アクセスで表示されるページはアダルトフェスタVR)

アダルトフェスタTV』からは

  • アダルトビデオの単品レンタル『2D』
  • 『VRアダルトビデオ』の単品レンタル
  • 『オナホ連動のアダルトビデオ』の単品レンタル
  • 2つの『月額見放題チャンネル』の提供

上記、4つのコンテンツを利用することができます。

アダルトフェスタVR』では主に

  • 『高画質のVRアダルトビデオ』の単品レンタル
  • 『オナホ連動のVRアダルトビデオ』の単品レンタル

を行っています。

普通の2Dアダルトビデオを単品レンタルしたいと思ったときに、『アダルトフェスタVR』のページからレンタル購入することはできません。

逆に高画質のVRアダルトビデオ『匠シリーズ』や『4K-HQ』の画質で配信するVR作品は、『アダルトフェスタTV』から購入することができません。

『アダルトフェスタTV』と『アダルトフェスタVR』、この2つのメインページは初見で『100%』迷います。

統一するかコンテンツを明確にするだけで、利用者も迷わず目的のサービスを利用できると思います。

アダルトフェスタを利用する際の注意点

デメリットイメージ

アダルトフェスタはここが残念

  • 利用料金の支払い方法が『クレジットカード』のみと今時のサービスと言い難い。
  • 月額見放題チャンネルが2つのみとコンテンツが乏しい。
  • 月額見放題チャンネルはご自身で解約しない限り自動的に契約更新されます。
  • 『+1D動画』を楽しむための専用オナホールの実売価格が2万円以上とかなりの高額。
  • 同ジャンル、FANZAの『VRch』と比較すると劣る点が多くあります。

アダルトフェスタを5段階評価した結果

アダルトフェスタの評価画像おススメ度3/5

本サイトではアダルトフェスタをおススメ度『3』の平均の評価で紹介。

アダルトビデオの単品レンタルや月額チャンネル数など全体的にコンテンツが乏しく、やはり大手アダルトサイト『FANZA』には大きく劣る面もあります。

アダルトフェスタだけを利用するのであればなんのデメリットはありませんが、今後さまざまな動画配信サービスを利用する場合はアダルトフェスタを『メイン』として選ぶメリットはほとんどないでしょう。

アダルトフェスタの公式サイトへ

以下のリンクをクリックすると『アダルトフェスタ』の公式サイトが別ページにて開きます。

クリックしただけで利用料金が請求されたり、自動的に会員登録することは一切ありません。

『アダルトフェスタ』の公式ページへ

アダルトフェスタの最新情報

お得なキャンペーンや割引情報など

※ 現在のところありません。

このカテゴリーの記事